ストレスでハゲるって本当!?原因と対策まとめ

日々、生活をしていると仕事や家庭、またその他にも対人関係やご近所との付き合いなどでストレスが溜まる場合もあります。ストレスが溜まることで、自律神経が乱れることもあり、睡眠不足やその他にもホルモンバランスが乱れることにもつながります。肌荒れや、抜け毛などの原因にもなるため、ストレスはあまり溜めないようにすることが大切です。悩みなどを抱えてしまい、自分で解決しようと無理をして頑張ってしまったり、周囲に協力を求めない場合でも、ストレスが溜まる原因にもなります。ストレスが溜まり過ぎてしまうと、精神的な病にもかかりやすくなるので、注意が必要です。
自律神経が乱れてしまい、睡眠不足などに陥ってしまうと、疲労が溜まりやすくなり、また緊張状態が長く続いてしまうことで、発汗作用などにも影響が出ます。頭皮では、汗をかいてしまうと雑菌が繁殖しやすく、ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンの分泌が過多の状態になると、皮脂の分泌量も増加します。そのため毛穴が詰まりやすくなり、抜け毛増加、しいては薄毛になりやすいと考えられています。頭皮の環境をよくすること、清潔を保ち、毛穴の詰まりをなくすことなど予防をするためには、洗髪を定期的に行うこともはげにならなためには重要なことです。
またフケなどを予防するために育毛剤などでフケを抑え、頭皮の環境を整えるのも有効な手段でしょう。
しかし、原因の一つと考えられるストレスが影響を及ぼしている場合には、根本的にストレスがあまり溜まらない環境を作りだすことがもっとも重要なことだといえます。
ストレスを改善するために、リラックスできる状態や、また遊びや趣味などで日頃、私生活や仕事で疲れなども溜まっている場合には、発散できるように息抜きすることも大切です。精神的に疲れてきたと感じてきた場合には、生活を工夫して、うまく解消できる方法を自分で見つけ出し、適度に発散して薄毛対策としましょう。